読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

もやしのゼリー寄せ

もやしのしょーもない毎日。一言目には妬み嫉みを口にする、ゆとり世代。

逃げなきゃ駄目だ

昨日の桜花賞(※1.2)はダントツの一番人気 メジャーエンブレムが馬券内を外すという波乱が起こりました。

 

※1 三歳の♀馬による大きなレース。桜の季節に行うから桜花賞

※2 もやしの唯一の趣味は競馬

 

興味がない人も多いと思うので、深いお馬さんの話は避けますが、このお馬さんのパパはダイワメジャーっていいます。

 

このパパの子供には、こんな特徴を持ったお馬さんが多い。

競争が始まったら、真っ先に先頭に立って、マイペースで逃げる。

淡々と自分のリズムに持ち込んで、そのまま先頭でゴール。

 

メジャーエンブレムは今まで殆どのレースで先頭を走り、そのまま圧倒的なスピードを活かして逃げ切り勝ち。それで評価を上げていました。

 

しかし、そんな彼女、桜花賞ではスタートに手間取り、先頭に立てません。

レースを自分のペースに持ち込めなかった彼女は、リズムを崩され、本来のスピードを出せず。

そのまま後ろから追い込んでくる馬たち抜かれ、あえなく敗退。

 

逃げなきゃ駄目なんです。このテの馬は。逃げることが性に合ってる、逃げてこそ本来の強さを発揮するタイプ。

 

 

 

ん、待てよ。それって僕の事じゃないか?

 

思えばこの二十数年間、大体のことには真正面から立ち向かわず逃げてきました。

しかし、

「もう嫌っ!やーめた!無理無理無理むr・・・・」

といったように、周りに公言するわけではありません。なぜなら無駄にプライドは高いから。

困難に立ち向かうのよりも、弱みを見せる方がもっと嫌いです。

 

だから、いかにアンニュイな状態でフェードアウトするかを考えています。

それでもそこそこの社会人にはなれますよ。

 

 

碇シンジ君は

【逃げちゃ駄目だ】といいました。

考えてみるとこの言葉は、日本人特有の精神というか、最後まで己を突き通せ的な、根性論に基づきまくったセリフだと思います。

バファリンの半分は優しさですが、エヴァは全部スパルタです。

ゲンドウ親父もどうかしてるぜ。。。。

 

ベッキーさんのように、自然とフェードアウトした人をいつまでも叩きがちです、日本人は。

しかし、逃げるのを良しとしないこの社会に、僕は警笛を鳴らしたい!

 

十字キースクリューパイルドライバー出せへん・・・・無理・・・」

こんなときどうしますか!?

 

新・日本根性論者共は何度も何度もザンギエフを使い、スクリューパイ(略) でとどめを刺すまで挑戦し続けるでしょう。

手にマメができるかも、ゲームのしすぎで目が悪くなるかもしれません。

 

僕だったらすぐにガイルにキャラチェンジして、好き勝手闘います。

だって待ちガイル最強だもん。

 

これこそ、いにしえの賢人達が言い伝えてきた【逃げるが勝ち】ではないのでしょうか。

 

 

なんか困難から逃げることばかり肯定してる僕ですが、あまり言い続けると

「今、幸せですか?」

と説いてくる人達に間違われそうなので、このへんで失礼します。